乳酸菌サプリ

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

植物性乳酸菌とは、漬物や味噌などに多く含まれている菌のことをさします。チーズやヨーグルトなどに含まれている菌は動物性のものであり、植物性ではありません。
植物性の菌と動物性の菌とでは、その特徴や働きが違っています。

 

動物性の菌は、乳糖のみを分解して乳酸を作るという特徴がありますが、植物性の菌は、ブドウ糖、果糖、麦芽糖などのさまざまな糖類を分解して乳酸を作るのです。
さらに、腸の中でうまく生息できるかどうかという点においても、植物性と動物性では大きな違いがあります。
動物性の菌の場合、ほかの微生物との共存が難しいという性質を持つため、なかなか腸の中でうまく生息できません。

 

しかし植物性乳酸菌の場合は、さまざまな微生物と共存することが可能であるため、塩分の濃度が高い環境や、酸性が強い環境の中でも生き延びていくことができます。
このように、植物性の菌はとても強い生命力があるため、経口摂取しても胃酸などで死んでしまうことはなく、生きたまま腸に届くといわれています。

 

漬物には植物性の菌が多く含まれているため、漬物を食べると植物性の菌を多く摂取することができます。
さらに、漬物には食物繊維も多く含まれているため、便秘に悩んでいる人には植物性の菌と相乗効果が期待できる食物となっています。

美容効果のある乳酸菌

乳酸菌は代謝により乳酸を生成する細菌類のことですが、これには美容効果があります。種類としては、ビフィズス菌やブルガリア菌、LG21等の約40種類の菌があります。
消化吸収をスムーズにしたり、抗菌作用が等の様々な働きをします。腸の中のこの細菌類が少ないと、便秘がちになり、老廃物が体内にたまり、皮膚から排出しようとして肌荒れの原因になります。
つまり、どんなに高価な化粧品を使っても、腸内環境がちゃんと整っていないと美肌に結びつかないです。腸内環境をビフィズス菌等の細菌類で整えていくことが美肌への近道となります。

 

乳酸菌は食べ物を食べることで摂取することができます。これを多く含んでいる食べ物には、ヨーグルト等の乳製品やキムチ、納豆、味噌等の発酵食品等があります。
乳製品に含まれているものは動物性の菌、発酵食品に含まれているものは植物性の菌であり、前者は9割以上が消化液で死滅してしまいますが、これは腸内で善玉菌の餌になり、善玉菌が増えることによって美容効果があります。
植物性のものは消化液に強く、腸内に生きたままたどりつくため、腸内環境を整えてくれます。

 

腸内環境を整えるだけでなく善玉菌を増やすことも大事なので、動物性の菌と植物性の菌をバランスよく摂取することが大切です。

乳酸菌を多く含む食品

乳酸菌は腸の動きを活発にしたり免疫力をアップしたりする効果があるため、健康のために日頃から摂取をこころがけるべきものです。
摂取するためには、発酵食品を食べることが最も手っ取り早く効果的です。

 

具体的には、味噌や納豆など大豆を発酵させた食品、ヨーグルトやチーズなど牛乳を発酵させた食品です。
発酵食品にはその他にも、米を発酵させて作る日本酒や、野菜を発酵させて作るピクルスやキムチなど色々なものがあります。

 

それらを食べると、上記の健康上の効果だけでなく、美容面での良い効果も得ることができます。肌がつややかでなめらかなものになるのです。
さらにはローカロリーであり、なおかつ代謝を上げて脂肪の燃焼率を高める効果もあるため、ダイエットにも非常に有効です。

 

乳酸菌が多く含まれている食品を、毎日の食卓に並べて食しているうちに、健康も美しさも手に入れることができるのです。
ただし基本的に酸味や独特の風味のある食品ばかりであるため、味が苦手で食べることができないという人も多くいます。そのような場合は、サプリメントで摂取することもできます。
小さな粒を飲み込むだけなので味を感じることはありませんし、忙しくて食事を食べる時間がないという時でも手軽に摂取できるので便利です。